読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のプロジェクト〜とりあえず、やってみよう〜

「死んでるように行きたくない!」「考えることをやめたら死んでるも一緒だ!」をモットーに「相手の幸せ=自分の幸せ」の精神で日々生きてます。日々の記録を書き綴っていきます。

きみのパンツに思いを馳せて

いとです。

名前変更しました。

 

2月実績
即×2(スト3)
ネトナン→カフェ→ホテル
ホテル内グダ崩せず、放置→寂しい→「こっちおいで」→即
ホテルでの攻防で言われたこと。
「魅力的だったから誘ったとか言ってるけど、ほんとは誰にも興味ないんでしょ?」

 

 

ば、ばれた!?

 

 

 

昔っから、人の顔色を伺って生きてきた。
厳格な父に、勇敢にも立ち向かっていた兄と姉を見て、学んだ。反抗しないというやり方を。流されるがままに父に従ってきた。
なんとなくで相手がどんなことを考えてるのか察して、上辺だけ繕ってきた。

 


仕事でもそうだ。
人間関係で面倒を起こしたくないから、衝突せずに、自分で抱え込んでしまう。
相手のために厳しく注意する、叱ることをせず、いまの状況を取り繕うことしか考えていない。
「相手の幸せが自分の幸せ」なんて程遠かった。

 

 

 

その結果...

・周りからはコミュ力高い
・優しい
・いい人
・友だち多そう

などと、言われてきたが...

 

 

 

 

 

f:id:kitosatoma:20170306220828j:image
そう、僕は友達が少ない
心で繋がれる人が少ない。
友だちと呼べる人間なんて片手で足りるレベルだ。
ここで、パリピなお兄さんなら「飲んだら友だちっしょー!」とか言うんでしょうが、そこまで楽観的にひとを見れない。

 

 

 

友愛の欠落を恋愛に求めてきた。
ただのメンヘラだった。

 

 

 

でも、違う!
おれは一生そんな人生を歩み続けるのか!?
絶対いやだ!
信頼しあえる仲間と、好きなことをして生きていきたい。

 

 

 

2016年同棲していた彼女と別れてから、何人かの女性と接してきた。交わってきた。
恋愛工学に触れ、ナンパと出会い、自分を磨いてきたつもりだ。

 

 

でも、おれは本当にしたいことはなんだろうか?
モテたい?
女心を弄びたい?
セックスしたい?
好きな女と付き合って、結婚したい?

どれもなんか違う。

 


幸せだったときを思い返すと、そこにはいつも女がいた。
ただ女性がいたのではない。
女の顔をした女性と抱き合っていた。
幸せに包まれた空間に寄り添っていた。

 

 

おれは女性を女にしたいんだ。
親の前での顔、友達の前での顔、仕事場での顔、すべて引っぺがして、女としての自分を、最高の顔を引き出したいんだ。

 

 

ネトナンばかりやってるショボ腕が調子乗ってる自覚はある。経験人数だって100人超えてすらいない。

 

 

でも、おれは女性を楽しませたい、最高の魅力を引き出してあげたい!おれと触れ合ったことで、明日から最高の日々を送れるって思ってもらえるような男になりたい!

 

 

少し熱くなってしまった。
じゃあ、どうしたら女性を最高の顔にしてあげられるだろう?

 

 

 

高いプレゼントをする?
そんなことをしても金ヅルと思われるだけだ。
深い話をして心でつながる?
大切なことだが、それではただの友だちだろう。
トークで楽しませる?
それはそうだが、それだけじゃ女の顔にはならない。

 

 

大切なのはキスだ。
女性が最高にきれいになるのはキスしてるときだ。
キスで気持ちよくさせたい。
キスで濡れさせたい。
最終的にはキスだけでいかせたい。

 

 

 

ところで昨日はネトナンで即ってきた。
写真とだいぶ違う子が来たが、とりあえず居酒屋行って、キスし、びちょびちょにさせた。
完全に女の顔になっていた。
女の顔になると、不思議と可愛く見える。
なごみながらホテル行って、即。

 

 

あまり可愛くないけど経験豊富な子。
ルックスを補うコミュニケーション能力を持ち合わせた彼女。
ゲット後もいろいろな話をした。
「いままでいろんな男と寝てきたけど、こんなに気持ちいいキス初めてだったよ。」
「唇がすごい気持ちよかった。。。」

 

 

 

感動した。こんな風に思ってもらえるなんて。厚い唇がコンプレックスだったけど、よかったと心底感じた。
でも、そんな感動を見せないように、そっけなく「ふーん。」とだけ返した。
ここで「ほんとに?やった!」などと喜ぶのは、アルファではない気がしたから。
そんなことにいちいち反応する格の低い男と寝たと思わせてしまいたくなかったから。
気持ちの昂りを押し殺した。

 

 

 

でも、素直にもっともっとキスが上手くなりたい、と願った。
もうセックスなんかしなくていい。
結果じゃなくて過程を大事にしたい。
キスがしたい。
キスでパンツをびちょびちょにさせたい。
きみのパンツに思いを馳せて、悦びを味わってもらいたい。
そんな風に思えた。
※おれはパンツを濡らすのが大好きです。性癖です。笑

 

 

 

もっともっとキステクニックを上げていこう。
キスが上手くなるために努力しよう。
まず、唇のケア。禁煙とハチミツパック。
次に、キスに持ち込む流れ作り。トークと雰囲気。
最後に、キステクニック。経験値上げるのみ。

 

 

 

きみの女の顔が知りたい。
きみを感じさせたい。
きみのパンツに思いを馳せて、きょうも濡れさせたい。

そんなマインドで、自分磨き頑張っていこう。